MENU
U-NEXT31日間無料トライアルで映画もドラマも見放題!

【必殺! THE HISSATSU】従来の時代劇にある様式美を裏切るストーリー

「必殺仕事人」シリーズ(あるいは「必殺シリーズ」)といったら、「水戸黄門」・「暴れん坊将軍」・「鬼平犯科帳」などに並ぶ有名な時代劇ですよね。

例のBGMが流れたら、鮮やかな立ち振る舞いで悪党たちを暗殺するシーンを思い浮かべる人も多いかと思われます。

しかし同時に、食傷気味にはなっていませんか?

「毎回同じパターンで飽きた」や「依頼人がいじめられる時間が長すぎる」、「男女の色沙汰が、ちょっと……」などマンネリ化にうんざりしていてもおかしくはありません。

(何を隠そう、そもそも時代劇にハマる前の当方がそうでした!)

けれども、そんな人にこそ映画「必殺! THE HISSATSU」を見てほしいのです。

これを見たらきっと「必殺仕事人」シリーズだけでなく、時代劇を見直してくれると思います!

「必殺! THE HISSATSU」を無料で視聴する
目次

「必殺! THE HISSATSU」のあらすじ

作品タイトル 必殺! THE HISSATSU
放映時期1984年
主な出演者藤田まこと(中村主水役)
三田村邦彦(秀役)
鮎川いずみ(加代役)
中条きよし(勇次役)
山田五十鈴(おりく役)
片岡孝夫(朝吉役)
石堂淑朗(庄兵衛役)

――悪いねぇ、六文銭と引き換えにアンタの命を貰うよ。

今日も今日とて仕事人であることを隠し、奉行所で昼行燈として過ごす南町奉行所の定町廻り同心・中村主水。

安寧、というには血に染まった裏稼業をしているが、少なくとも六文銭を口にくわえた死体の数々が発見されるまでは、いつも通りの日常であった。

そう、六文銭を口にくわえた死体である。

死体は全員身元不明だが、そのどれもがおぞましい死に顔を浮かべて遺棄されていた。

その無惨な扱いに主水は秀や加代、勇次たちに身の回りに気を付けるように注意を促す。

身元不明だと扱われているものの、死体を見た主水は「こいつらは俺と同じ裏稼業の者たちだ」と見極めいた。

主水たちを仕切るおりくはこの事態にただならぬ気配を感じ、事の真相をつかむために一度江戸から離れて上州へ向かってみることに。

そんな不気味な事態とはいえ、仕事は待ってくれない。

ある日、加代を通して遊女・お君が「仇を取ってくれ」と女郎屋の主人殺しを頼んできた

だが話を聞いてみると、お君の仇というのは人ではなく、なんと可愛がっていた猫!

「人ならともかく、猫は見当違いだ」。主水たちはそう言ってお君の依頼は断る……が、情に厚い秀だけはこっそり仕事を請け負うと動く。

しかし秀よりも先に、動いた人物によって女郎屋の主人は始末されていた。

その人物とは此竹朝之助、またの名を「蝶々の朝吉」という最近江戸で人気を博している人形遣いであった。

新たな仕事人の邂逅に秀は奇妙な因縁を覚えるも、そんな感慨にふけっている余裕は吹っ飛んでしまう。

「明日、祭りに来なよ」。

そう告げて立ち去っていく傘をさした謎の女の言葉が気になり、主水たちは次の日の祭りに出かけることにする。

一方その頃、主水たちと裏稼業の集団・お甲たちは昼夜問わずに戦々恐々していた。

仲間の仕事人が殺され、「今度は自分たちだ」と察知したからだ。そのため人目がつくのもはばからずに、戸という戸を全て締め切っていたのだがーー。

「必殺! THE HISSATSU」の見どころ

映画「必殺! THE HISSATSU」の見どころは、まず

従来の様式美を裏切るストーリー展開

です。

例えば冒頭に登場する遊女・お君。

もしもテレビ版であれば彼女との交流を軸に話が進んでいたのでしょうが、このお君は主水たちに依頼を断られた後、すぐに死んでしまいます。

「えっ!?」と思うかもしれませんが、本当です。

かといって彼女の死は無駄ではなく、新たな仲間・片岡孝夫(現・十五代目仁左衛門)さんが演じる朝吉との出会いと六文銭の伏線をもたらしてくれました。

(メタ的にはあっさり切り捨てられてヒドいかもしれませんが……)

他にも「こう来る!?」と驚かされる展開は多々ありますが、それをもたらしているのが、

石堂淑朗さん扮する庄兵衛

です。

この庄兵衛こそが江戸中の仕事人を殺している輩・六文銭一味の元締めで、かつてのおりくの弟子でもありました。

処刑されたかと思われていましたが、影武者を使って生きながらえており、江戸の裏稼業を自分のものにするために暗躍していたのです。

その悪行は六文銭一味の仕事ぶりでうかがえますが、一番「悪い」と思わせたのはおりくと再会したシーンです。

このとき庄兵衛は子供と遊ぶ好々爺をしつつ、おりくと会話しています。

その様子を主水たちが見ながら隙を狙いますが、庄兵衛は女の子を抱っこするとその子の首にさりげなく手をかけるのです!

これにより主水たちは身動きができなくなり、その場はお開きになります。

この正衛のあくどいところは他にもあるものの、その悪がいわゆる古典的な悪党とは違って異彩を放っており、魅了されます。

魅了されると言えば

  • 中井貴恵さん演じる絵日傘のお葉
  • 片岡孝夫(現・十五代目仁左衛門)さんが演じる朝吉

などゲスト出演しているキャスト(あるいは登場人物)も見どころです。

お葉は六文銭一味の使いとして主水の前にあらわれるものの、終始、謎の女として描かれており、最後は煙のように姿を消してしまいます。

一方朝吉はというと前述したお君の依頼をきっかけに主水たちと巡り合うようになりますが、片岡孝夫(現・十五代目仁左衛門)さんの爽やかな演技と朝吉のギャンブル狂いなところのギャップが何とも言えません。

他にも研ナオコさんや芦屋雁之助さん、朝丘雪路さんなど名優たちが脇役でありながらも殺される恐怖を演じていて「ああ、本当に恐いんだな」と伝わってきました。

キャストといえばこの作品、赤塚不二夫先生も出演しているのでそこも見どころですね。

「必殺! THE HISSATSU」を無料で視聴する

「必殺! THE HISSATSU」の感想

とてもバランスが良い時代劇です。

映画「必殺! THE HISSATSU」は仕事人同士の衝突ですが、そうしたテーマならテレビスペシャルでも何度か取り上げられています。

けれども「必殺! THE HISSATSU」では敵である六文銭一味が白昼堂々、人を殺していることで他に例がないあくどさと気持ち悪さを光らせています。

そのため「こいつはのさばらせてはいけない」という気合が入るものの、その六文銭一味と対決するにあたって仲間を集めるシーンではコメディとなり、いい感じに毒抜きをしてくれます。

かと思ったら主水のアキレス腱である姑に仕事人だと知られそうになる、といった展開もあるのでドキドキもさせられました。

思わぬ展開(特に冒頭)に戸惑ったものの、それが逆に「どうなるんだろう?」と引き寄せられる映画です。

時代劇ってすごい!面白い!」と思わせてくれる作品の1つなので、是非ご覧ください!

「必殺! THE HISSATSU」を無料で視聴する
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる